スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

忘れていない。でも何ができるか・・・悶々

こんにちは。銀杏です。

近頃、とみに不安を感じていることがある。

すでに「原発」の再稼働が前提になって、いろいろ話がすすんでいるような・・・

たまたま民主党のときに、震災がおこって事故になっただけで、

自民党が政権の座についていたとしても、やはり爆発していたと思うのは、私の勉強不足?

阪神大震災時は社会党だったし、自民党の運の強さをあらためて感じる。

本当にこのまま動かしちゃって大丈夫なの?

福島だって元に戻るまで気の遠くなるほどの時間が必要。

(たぶん、わたしが生きているうちに終息することはない)

もともと廃棄物の最後の処分地も処分の仕方も決まっていない。

それなのに、動かすっていうことはあらたに核のゴミを増やすわけでしょ。

経済成長ってそんなに優先されるべきことがらなの?

原発事故、もう過去のことなの?


わたしは暴走していた(いまもしている?)原子炉のこわさを忘れられない。

だからといって、積極的に行動もできない情けないわたし。

7月21日の選挙、原発を動かさない人に投票するのがせいぜい。





今日も遊びに来てくださってありがとう。 銀杏 


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
スポンサーサイト

「すぐにできないこと」にこそ大事なことが・・・

こんばんは。銀杏です。

皆さん、「HOW TO 本」って読まれますか? 

私が最近読んだ2冊 

30歳からの美しい「所作」50 (茶道家元夫人に学ぶ)30歳からの美しい「所作」50 (茶道家元夫人に学ぶ)
(2012/10/11)
千 和加子

商品詳細を見る
禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本
(2012/06/08)
枡野 俊明

商品詳細を見る


読んですぐに「美しい所作」を実践できるはずもなく・・・

日々の生活の中で繰り返し学んでいく中で、自分のものになるといまさらながらに感じています。


子育てがほぼ終了したいま、後悔しているのは、

正しい「箸」つかいを子どもにちゃんと教えなかったこと。

さっさと食べて欲しい、早く片付けたい・・・そんな私の勝手な都合でした。

「すぐにできないこと」にこそ大事なことが多いとようやく知る私。

どうぞ私の轍は踏まないように。 銀杏 



今日も遊びに来てくださってありがとう。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

最初からうまくいかないほうが当たり前と思えば・・・

こんにちは。銀杏です。

前回の記事で「学習は習慣」って書いたけど、ほんとうにそう思う。

誰かの受け売り(どこで読んだのか忘れた)になるけど、

思考が言葉に、言葉が行動に、行動が習慣に、習慣が性格に、性格が運命になるとか。

つまり、思考言葉行動習慣性格運命

そうしてみると、不言実行より有言実行のほうが続きやすいってこと?


ただし、いまの若いお母さんたちは頑張り屋さんが多いので、気をつけて!

最初から頑張ってとばしちゃうと、成果が顕れないときに嫌になっちゃうかも。


初めてすることはうまくいかないほうが当たり前。うまく行ったら、lucky

少しの時間や量でいいから、「続ける」ことを目標に!(いまの私はそう)

・・・で、さっそく、今日はここまでにして次回に(笑)




今日も遊びに来てくださってありがとう。 銀杏 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

怠惰を正当化していた私

こんにちは。銀杏です。

すごーく間があいてしまいました。

訪問者数が0になるのを、畏れと期待という矛盾した気持ちで過ごしていました。

ありがたいことに、訪問者0の日はなく、さらに応援の「ぽちっ」まであったり・・・

そんなこんなで、「こんにちは。銀杏です。よろしくおねがいします。」(苦笑)


最近の私が、家事よりはるかに時間を費やしているのが「語学の学習」。

この学習は、50歳すぎてから初めてふれた語学&独学という、普通に考えるとかなり無謀なもの。

それでも、この半年以上、旅行などで家を空ける以外ほぼ毎日続いています。

若いころの自分には考えられないことなので、自分ながら驚いています。
(そのころは、ちょっとやってみて成果が出ないとすぐやめていました。)

今の自分を支えているのは、次の言葉との出会い。

(語学は)まず暗記・・・これを支えるものは長い忍耐・・・
語学はだめという宿命論は、怠惰の正当化にすぎない。


1968年春に佐藤房吉先生が著書の中で書かれているのを見つけました。

それまで語学コンプレックスだった私、この言葉に見事にがつんとやられました。

・・・で、とりあえずこつこつやっています。

そして「学習って習慣」とつくづく思うこの頃。


遊びに来てくださってありがとう。銀杏 




もしよかったら応援してもらえると嬉しいです。
こんなに放置していてもそういえる私は、かなり図々しい。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

大学の学費は子どもの貯金でまかなっています

こんにちは。銀杏です。

今年もつれづれに書き綴っていくので、よろしくお願いいたします。


下の子は、明日からの授業にそなえて、昨日アパートに戻りました。
いっしょに側溝の掃除をし、買い物に出かけたり、私のさとにも1週間ほど帰省したり、ばたばたとしているうちに冬休みは終わってしまいました。

こんなふうに慌ただしくも、日々の生活が穏やかに過ぎていくことに感謝しています。

さて、子どものもらった「お年玉」ってどんなふうに管理していますか?

うちは、ずばり「大学の学費」になっています。

お年玉に限らず、子どもが小さいころから頂いた「誕生祝」「入学祝」・・・etcすべて貯金してきたので、大学に入学した時にはふたりともかなりの額になっていました。

大学に入学したとき、本人にその通帳を渡し、そこから学費をだすように伝えました。

いくら国立とはいえ30万近いお金が半期ごとに、自分名義の通帳から引き落とされるので、授業をさぼるなんて「もったいなくて」できないとか・・・(苦笑)

もちろん「ずっと欲しくて我慢していたものを頂いたお年玉で買う」のもありです。

でも、ある程度の年齢になったら「消費」から「準備金」になってもいいんじゃない?


ちなみに、最後の授業料を昨秋払い、この4月から社会人予定の上の子の貯金残高は100万とか。

こどもの貯金だけで授業料をまかなえて、親は本当に助かりました。



遊びに来てくださってありがとう。銀杏 






にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
sidetitleプロフィールsidetitle

銀杏

Author:銀杏
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleご訪問ありがとうございますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。